20200220アカネの報告②

契約金5,000,000のうち500,000を4月分出来高10%として請求する場合、支払い条件が90%翌月支払+10%翌々月支払だとその月に請求できる金額は500,000のうち90%の450,000で税金の10%を入れると495,000になって、本来の4月分の出来高残り10%の50,000はまた翌月に請求しなくてはならなくて、本契約の残り4,500,000が同じように5月、6月と出来高計上されてゆく中、途中で仕様変更や増減などで金額が変わっていき、たとえばその最終月に精算するにあたって建設現場のゼネコンの所長が「お前んとこの減額は表向きはなかったこととして計上してやるから差額分を誠意のかたちで見せろ」と言われたらこれは闇金ということになるということだと思う。この政治経済的オープンワールドは人間が作ったものであるからある程度の複雑さや緻密さはきっと何か意図や目的があってそうなっているはずだと思う。そしてそれは同じ人間である私にも理解できるはず、だと思う。だがどうしてもこの経済の感覚というものがよくわからない。そもそも90%+10%って何?と思う。なんで?ていうかパーセントって何?と思う。ていうか1って何?と思うし俺は1?と思う。2って1と1?それとも2は別の概念?と思うし俺の身体や意識は一個?それとも無限?的なインド哲学的な感じになると思う。なぜ請求や支払いはこんなに面倒なシステムになっているのかと思う。算数だから電卓を使えば誰でもできるかもしれないがオープンワールドのプレイヤーたちはちゃんと仕組みを理解してるのかと思う。義務教育的な学校で習ったのかもしれないが誰も聞いてるわけないし覚えてるわけないと思う。そしてそういったゲームのルールを手繰って得意げに金の数字を動かしている人たちは「ずいぶんお上品なダンスじゃねえか」と思う「頭が良いじゃねえか」と思う。しかし何が楽しいのかわからないがやっている人たちはかなり楽しそうに見える。それがこの世界でふ。