20191010闇金

しかし経済という概念はブツ(物質)のやり取りに限らず他者との関係性そのものも意味するという気がするというのは本当のような気がする。というか「価値」という概念は面白いが私はいい加減本を読まねばならんと思う。

しかしコミュニケーション能力が高い人というのは確かに世の中に存在しており、彼・彼女らが往々にして経済的感覚に優れているというのは偶然じゃないと思う。逆に言えば個々人の経済的な感覚はそれぞれ他者との「繋がり方」の性質を色濃く表していると思う。たとえば単純に、金の端数まで細かい人物は他人に対しても細かいかもしれん。でも世の中そんなに単純ではないと思う。しかし金銭感覚と他者との繋がり方は必ず何かしらの共通点がある気がする。昼下がりのお買い物のように冒険をしない者、せこせこと盗みや略奪を行う者、破壊的衝動で散財する者、退屈で無教養なエコロジーを遂行する者、些細な貸し借りもすぐに帳消にしようとする者、他人に奢りたがる者、他人から奢られるのを忌避する者、見返りを求めないプレゼントを配ってまわって独りで満足しようとする者、金を持つことに怯える者、金を失うことに怯える者、というのはやはりすべて個々人の病理の核がいかに昇華されてるか・また膿んでいるか、という色んな表れになって面白い。面白くない。