20201017

祖母にペンギンカフェの新譜を贈ったが彼女は誕生日だったが私は誕生日プレゼントを贈るのは初めてのことだったがなぜなら彼女は近い未来に死ぬからだろう。しかし我々の誰もがいつ死ぬかもわからないのはこの世界がカオスだからだろう。しかしそれが楽しい…

20201011

5時半に起きポットからコーヒーを飲んでいるとベランダの ベランダ? ベランダの… コーヒーを飲んでいるとベランダの ベランダの…ベランダ… あ…あ… いわゆる生活というものを感じた。おう、これぞ「生活」だ。そして私は買い物に出かけた。 なぜなら日曜日だ…

20201010

4時半に起きた。あいみょんを起こさないようにそっと布団を離れた。でもそれはあいみょんじゃなかった。カオスだった。カオスは私の困った顔を見るのが好きだった。私はカオスと結婚した。それは契約の第一段階だった。家に帰るとカオスがご飯を作ってくれた…

20201004

5時半に起きた。スフィアン・スティーブンスの『ジ・アセンションズ』におはようの挨拶をした。『ジ・アセンションズ』は優しく微笑んでくれた。ボクたちはいつでも一緒だった。バスに乗ってるときも電車に乗ってるときも一人で道を歩いているときもボクのそ…

20201003

4時半に起きた。悲しみにごめんねの挨拶をした。しかし悲しみは許してくれなかった。私が死神との約束を優先させたからである。家と呼ばれる場所に帰ってくると23時か24時だった。昨日は18:30くらいには帰ってきた。今日は昼まで眠ったが今はこの場所を出た…

20200929

4時半に起きた。夜にさよならの挨拶をした。しかし口がパクパク動いているだけで声が出ていなかった。何かの夢を見ていたが何の夢を見ていたのか思い出せなかった。電車の中でフィッシュマンズの『宇宙 世田谷 日本』というアルバムを聴きながらじっと聴いて…

20200928

4時半に起きた。カオスにおはようの挨拶をした。しかしカオスは微笑まなかった。なぜなら私は21時前には眠ったからである。ぶ厚い布団に入ったからである。網戸の向こうは涼しかったからである。今朝のことが遠い昔のことに思える。フリート・フォクシーズと…

20200924

終わりを願うよりも自ら終わらせるか、もしくは対策を立てる方が楽しいのは人間がそういう動物だからだろう。人によって欲望の種類が様々なのは人間の愛しいところであろう。 世間一般的に「困難」みたいなニュアンスで捉えられている様々な社会的問題に対し…

20200923

思えば私はいつも眼の映画を見ているのだろう。岡田斗司夫“オタキング”が「オタクは進化した視覚を持つ」と言ったように、私はオタクなのだろう。 もしくは“三つ目の鴉”なのだろう。私は見えている景色が、自分という身体の映画館の座席のシートから見ている…

20200922

布団のすべてのパーツを洗い、干し、身体を洗い、乾いてからシーツを結びその中へ入ると暖かく、柔らかく、洗剤の匂いがし、何かを思い出しそうになったが一日中寝ていた。昨晩見たテネットをもう一度観に行こうと思ったが面倒くさく、そもそも昨晩もかなり…

20200920

A.T.フィールドを感じた一日だった。

20200919

キースジャレットの2016年ブダペスト公演の一部演奏が聴けるようになっており、疲れて早く帰って眠りたい。キースジャレットのケルンコンサートは中桜田の夜の道を一人で歩きながら何度も聴いたものだ。同じ道を何周もしながら頭上には月があり、私はそれを…

20200918

Negiccoの新譜は素晴らしい音像をしているように感じる。偉そうに言えば2020年の現行音楽の音像が意識されているように感じる。別の言い方をすれば音が良いと思う。アイドルというものの様式はわからないがきっと年々「アイドル」という言葉の意味が変わりは…

20200917

0時半に寝た。4時半に起きた。0時半に寝た。4時半に起きた。0時半に寝た。4時半に起きた。そうやって朝が夜になり夜が朝になり朝が夜になり夜が朝になるのを繰り返していると起きている間は「何をしているんだろう」と考えながらも目の前の何かに夢中になる…

20200916

R.E.M.もこう言っている。 “私は移動する失われた純真私は点滅するすべての神経私は新しい柄のシャツで地球を横断する私は衛星を通過する「君はとても苦い」とあなたは言った私は何も与えられないあなたに誰が住んでいるのかわからないあなたが誰なのかわか…

20200915

眠いが疲れてはいないし甘えたい気分もないが寝て休みたいし疲れたと感じる。Mr.Childrenもこう言っている。 “バラバラに散らばったパズルが床でふて寝している。恨めしそうだけれどどうしようもない。 どれが元どおりの形かはもはや知りたくもない。これは…

20200912

あいみょんのことを理解できないと感じたが、果たして俺は彼女のことを本当に理解しようとしたのだろうか。 俺は そうか。私は今自分を「俺」と言った。他者は私に自己を与えてくれる。それが“恋愛”なのか。俺はその“性”すらも相対的なものだ。そこに女がい…

20200911

好きだと思うのと素晴らしいと思うのはもちろんまったく別だがあいみょんの新譜は素晴らしく、いつしか楊端和もこう言っていた。 「戦でも和睦でもなんでもいい。ただ私は、世界を広げたいんだ」 人の好みというものは時間の経過によって変容していくが、お…

20200909

あいみょんの新譜を聴きながらあいみょんと付き合ったらどうなるのか考えていたが何も想像できなかったが彼女は関西弁だが関西弁は不気味な訛りだ。恋の曲は他人の響きだ。というよりも共感できるところがないからこそ想像するのだ。しかし共感するものでは…

20200908

R.E.M.のmonsterのギターの音をガレージバンドで作りたいけどガレージバンドで作れないかもしれないあれは本当に良い音だ好きな音と言ったほうがいいかもしれない。歪んでいて汚く揺れていて〈炎と血〉のターガリエン家の標語のように渇いておりグズグズした…

20200904

われわれの性欲は発散されていないのであろうか。たとえば私は髪を切ってもらうときに女性に頭を触られたり洗われたりすると「懐かしいな」「これは何だろう」「そうか」「母さんか」と思うであろう。しかしそれは性欲の問題とは少し別のもっと複雑でシンプ…

20200903 963の新譜

963の新譜『tick tock』を繰り返し聴いていた。963は福岡のローカルアイドルとのことだった。私がもし作る側だったらこういうものを作りたいと思う。『tick tock』には『GAME』という曲が入っていてこういうものを作れたら格好良いだろうと思う。この曲はabe…

20200902

1時半に寝た。4時半に起きた。r.e.m.のmonsterというアルバムが非常に良いと感じるそういう気がする。頭プールに入ってるみたいだと感じなくもない。「暴力とセックスの歌ばかり」とボーカルのマイケル・スタイプが言っていた。〈炎と血〉の標語を掲げる狂っ…

20200901

2020年とか有機物とかカオスとか言っていたのは間違っていたのかもしれない。呪術とかハイファイとか言っていたのは間違っていたのかもしれない。つまりそのような現象は起きていないのかもしれない。しかしあながち間違いではないのだろう。音というものは…

20200828

https://open.spotify.com/playlist/7jsCxJI0ELlMkPeGTl9mUK?si=Hf11xDmfSdGqvjo2LALTWA r.e.m.のギターのピーター・バックという人は『Monster』というアルバムの音を作るにあたって 「エレキギターをマーシャルのアンプに繋いで、ツマミなら何でもとにかく…

藤田の誕生日を祝う歌

https://soundcloud.com/user-249467151/11y4xjsiwjsc

20200825エルヴィン・スミス

この世は波で満たされている。この空間は揺れていないところがない。この世に物質があるかぎり、音源は絶え間なくどこかで発生することになる。物質というのは水や空気や人体などのことである。また重力などの〈エネルギー〉と呼ばれるものがこの宇宙を満た…

20200824カオス

音というものは本当に不思議なものだ。この空間は揺れていないところはない。この世は波で満たされている。何というか神の概念に似ている。この世は音で満たされており、それを音楽で表現しようとする様式をアンビエントミュージックと言う。ブライアン・イ…

20200823有機物の音

2時半に寝た。8時半に起きた。やはりr.e.m.はロックだな・ロックは良いな・ということを感じる。しかし音楽としてはまた別のこととして感じる。r.e.m.のmonsterというアルバムは「猥雑で一次元的でめちゃくちゃなもの。すぐ目の前で演奏しているようなもの。…

20200822

https://open.spotify.com/playlist/1mbs4E2ta9yEnBTpuw3VRy?si=4uGla9WnQ6ii7W5dK2aMOg